十手ジャパン
『音楽人達の魂2014』第一夜の9月12日に出演する十手ジャパン。
 
彼等の魅了はライブにあり。
激しく明るく楽しいハードロック…でも現代社会を鋭く斬り込む歌詞の世界も要注意です!
 
仮面を被って動き回る「仮面ジャパン」に目を奪われがちですがミクスチャー系のサウンドも巧みに取り入れたサウンド・アレンジも要注目です。
第一夜を嵐のように引っ掻き回してくれそうです。
【紹介文:三橋徹】
 
以下プロフィールです。
 
札幌で活動する、身近な歌詞と手の届きそうなメタルが特徴の隙間産業的バンド。
曲名には全て「○○ジャパン」とつくが決して右翼ではない。
インターネットの発達による人間関係の希薄さや無関心さ、働くサラリーマンたちの
劣悪な労働環境など現代の日本が抱える様々な社会問題を取り上げてるように
一見みえるが、実はそんなにこだわりのある主張ではない。
 
プロフィール
2007年3月 バンド結成。
松坂ジャパンを中心にVo武田(ex.ニガロボ、ex.DEATH BOYS)、Gt長崎(ex.サムライザムライ)、
Ba山川(ex.サムライザムライ、Dr中川(ex.DEATH BOYS、ex.サムライザムライ)らで十手ジャパンを結成。
まもなくしてライブを行うことなくVoの武田が脱退。
松坂ジャパンがGtの傍らVoを勤めることに。
最初のスタジオ時に、待合所にあった鬼平犯科帳の単行本を見てバンド名を「十手」と命名。
しかし「十手だけだとさびしく、X JAPANみたく『十手ほにゃらら』にしたい」という話し合いを経て、
十手ジャパンというバンド名で落ち着く。
同年12月、脱退癖のあるDr中川が脱退。その後ファティマヒルで活躍中の杉本にDrのサポートを依頼。
2008年8月、メンバーが自分以外全員脱退。
ギターを涙でぬらす毎日に…
しかし、その後何をおもったか2009年1月のライブにてMTRを引っさげて一人でライブを敢行。
そのライブに客として来ていた
仮面ジャパン(Gt)
神原ジャパン(Ba)
男色ジャパン(Dr)
がなんとバンドに加入!!
途中、ベースの神原が世界的レベルの破傷風になったり、ドラムの男色がふわっふわふわっふわしてたり、
ギターの仮面がいろいろ転職したり、松坂がマイホームを建てたりと紆余曲折を経て、
今年で現メンバーでの活動5年目という節目に、本格的なレコーディングを決行。
バンド初となる5曲入りアルバム「ザ・破壊」を製作。
最近は各々それぞれの生活を送りながら、たまにメンバーで集まって広島風お好み焼きや、燻製を楽しんでます。
 
Vo/Gt 松坂ジャパン
Gt 仮面ジャパン
Ba 神原ジャパン
Dr 男色ジャパン