GRL_0535l
■キズヅラダンディ■
2001年3月にリリースされた1st CD「ヒューマニズム」から早いもので14年。
オリジナル・ベーシストTakashi脱退後は活動休止の時期もありました。
2012年にeastern youthの初代ベーシスト三橋が加入して本格的に活動を再開。
2013年9月2nd CD「君の声」をリリース。
2014年9月にはCD「奇蹟」をリリース。

スリーピースという最小限のバンドスタイルながらキズヅラダンディの音と詩の世界には人間の持つ喜怒哀楽の感情がとてもよく表現されています。
今年も彼らの最高のロックンロールを聞かせてくれる事でしょう! !お楽しみに。

碓氷武志:Vo&G
りょう。:Dr,カホン
三橋徹:B

※第四夜の9月22日は碓氷武志のバースデーでもあります。みんなでお祝いしましょう!!

0922郎平l
■郎平■
2004年、シェッタガーリア伝説のボーカリスト「ミミ山田」の呼びかけに、札幌ロックシーン黎明期の偉大なるバンド、フェアリー、ナイトホークスのドラム「三国義達」、メジャーシーンで活躍したノンセクト、ハンナから天才ベーシスト「伊藤ひろし」、怒髪天の増子直純氏らとバンド活動を開始し、現在ドラウナーズで札幌ロックシーンを牽引している「内田諭志」により結成。
エモーショナルなボーカルと、重厚でありながらタイトで攻撃的なサウンドは、他に類を見ないほど素晴らしく昔からのファンのみならず新たな世代にも絶大な人気を誇ります。
ボーカルのミミ山田は札幌の音楽シーンを常にリードしてきた重鎮です。
彼の率いる郎平を御堪能ください。
http://officekannon.com/lowhey.html

0922hycoall
■HYCOAL■
1995年 “悟 (Gu&Vo)” と “エビナアキフミ (Dr)” が前身バンドとなるスリーピースバンド『Hycoal Net Grace』を結成。
翌1996年 “バスタバディ a.k.a BustaBuddy (Vo)” と “I.K.I (Ba)” が加入し原型となる『HYCOAL』の活動が開始されました。
アンダーグランドながら札幌を拠点に年間20本を越えるLIVEでシーンを牽引。
1997年 DEMO TAPE『high nine』をDROPし、同年 STRAIGHT UP RECORDSよりRELEASEされたV.A『COUNTER ACTION V.A』に『CHEESE FONDUE / HYCOAL』で参加。
LIVE HOUESやCLUBでの活動が中心の中、島村楽器主催のコンテストで “I.K.I” がベストプレイヤー賞を受賞する等、技術面も立証。
順調に思われていた活動と同時に多方面から期待されるも 1998年 突然の解散。
個々の音楽活動をスタートさせる。

そして、16年の時を経て 2014年 オリジナルメンバーで再結成。
一人一人が培ってきたスキルとスタイルを集結し、他では真似出来ないHIPHOP,ROCK,FUNK,HARD CORE,EMOTIONAL等を取り入れた唯一無二の完全オリジナル『新生HYCOAL』として楽曲制作が始まります。
2015年 一年間の制作潜伏期間を脱し、活動を本格化。
復活の狼煙に 1st DIGITAL SINGLE『THIS IS HYCOAL』を5/27に発売(Amazon HIPHOPデイリーランキング初登場1位獲得)。
続いて 7/8に2nd SINGLE『MUZIK』をDROP(Amazon HIPHOPデイリーランキング初登場1位獲得)。
7/11にBustaBuddy主宰レーベル 「JIGG BUDDHA RECORDS」が主催した《BLEND BASH!! -HYCOAL大復活祭-》集客350人を越えるBIG EVENTで完全復活を遂げる。
9月末には3rd SINGLE『ギフト』の発売、年内は『HYCOAL REVIVAL TOUR』を予定。
ストリートから絶大の支持を得て、業界をも巻き込むその動きは、今最も注目されています。

HYCOAL Facebookページ
http://facebook.com/hycoal

Gu&Vo : 悟
Dr : エビナハキフミ
Ba : I.K.I
Vo : バスタバディ a.k.a BustaBuddy

0922不動l
■不動■
2008年、知人が主催するイベントに参加の為に急遽、田口(ボーカル&ギター)裕ぼー(ギター)2人でアコースティックユニット不動を結成
同年6月積丹アースデイにて初ライブ
その後ライブ活動を開始。
数年後、糠野(ドラム)、マサ(ベース)を正式メンバーとして加入して現在のメンバー構成になります。
『音楽人達の魂』には昨年に続いての出演です。
ボーカル&ギターの田口を中心に全身全霊の男のロック!
その熱い魂全開のライヴ・パフォーマンスに彼らの生きざまを感じます。
今年も御機嫌なロックを聞かせてくれます。お楽しみに。

0922シズヲバンドl
■シズヲバンド■
身近な兄貴的な雰囲気の中にも熱い魂を散りばめた極上のスリーピース・ロックバンドがシズヲバンドです。
シズヲバンドが醸し出す歌詞やサウンドそして空間がとてもハッピーな気持ちになってしまうのは彼等の音楽が濁りのないピュアなものだからだと俺は思います。
全然格好つけてる訳じゃ無いのに格好良い。全てが自然体なんだね。
昨年の『音楽人達の魂2014』でも大好評だったシズヲバンドはきっと今年も最高の愛に満ちたロックンロールを聞かせてくれますよ。
http://www.shizuwoband.com/

0922wolfl
■WOLF■
ANTI,マシンガン,THE ZETT,HEAVY SOUL JUNCTIONのボーカリストだったWOLF。
2001年4月にHEAVY SOUL JUNCTIONの活動停止後に一度 全ての音楽活動を停止しました。
2010年7月にTHE ZETTとして 一夜限定再結成LIVEを行いました。
そして
2013年6月10日音楽活動再開
Wolf New Style ~アコギ一本喉一つで~
2014年8月アコースティックソロアルバム「WOLF ONE」発売
現在はバンド WOLF&THE GOODFELLASの活動を開始。
今のWOLFの歌は飾りも虚勢も無い赤裸々な人間の歌。
だから心に響き染み渡ります。
現在は水戸市で自主企画ライヴも主催していて彼の行動に目が離せません。
『音楽人達の魂2015』には弾き語りで出演します。

0922本間章浩l
■本間章浩■
現在、本間章浩はKing Biscuit Time(Vo&G)、Nickey&The Warriors(G)、KING BEE(G)、赤と黒(G)、アコースティックソロ、他で活動しています。
一年中たくさんの街でライブを行っていて個性豊かな歌も刃物のように研ぎ澄まされたような印象のギターも多くのファンから絶賛されています。
『音楽人達の魂2015』のサブタイトルは実は最初は違うタイトルでしたが本間章浩が弾き語りで歌ったYOU MAY DREAMに感動した主催者が変更したのです。
彼の弾き語りをぜひ堪能して下さい。

0922DAMN STEAKS2
■Damn Steaks■
2014/12 結成
聴きやすい、解りやすいを楽曲の中心に置きTHE VACK'Sとは、全く違うコンセプトで、Ryo-sukeが起案。
ドラマーには、THE VACK'Sで長年の信頼から Rosy。
ベース/Kudo(from:虹とライオン)とは、いつか⁈ 必ず演る!事を熱望していた。
そして、ギターは⁈
Utsunomiya Masayukiを誘って、加入OKとなった事でバンド結成に至る。
2015初頭はリハを重ね、音源作りからスタート。
2015年4月 ミニアルバム 「Medium Rare」完成
2015年4月19日博多ライブスペース ゼロで、レコ発ライブ
そして『音楽人達の魂2015』で札幌初ライヴ。
Steak'n Roll!!

0922sakal
■SAKA■
元マリファナスウィング、現在はレジェンドオブザホルモンスターを結成してソロ活動も展開するSAKA。
昨年の『音楽人達の魂2014』の前夜祭に続き今年はバンドバージョンで出演してくれそうです。
リズム&ブルース、ソウル等の基調にとてもリラックスした心地好い歌とサウンドを聞かせてくれます。
名曲「これでいいのだ」に何度励まされたことだろう。
そんな素敵なSAKAのステージをお楽しみ下さい。

0922山本厚志l
■山本厚志■
1969年3月17日生まれ。
北海道江別市出身
クラッシュ、ジャムの影響を受けて音楽にのめり込みバンド活動スタート。
20歳からはソロ活動に変更して歌、ギター、プログラミング全て一人で行いパンク、ハードロック、ラップ、テクノなどを一気に飲み込んだスタイルでCD をリリース。
2000年にはストーン・テンプル・パイロッツのミキサー、ダグ・グリーンによるミックス曲を収録した作品をリリース。
2001年にはX・JAPAN のYOSHIKIプロデュースがバンドのREMIX に抜擢されメジャーリリース。
現在はアコギ弾き語りでライブ活動中ですが幅広い音楽を吸収しながら山本厚志としてのオリジナリティを感じさせるスタイルは弾き語りの枠を遥かに越えながらもロックからは離れない独自のスタイルを確立しています。

過去の共演アーティスト
Scoobie Do、Razed in Black 、阿部芙蓉美、花田裕之、ヤマジ カズヒデ、近藤智洋、高畠俊太郎、古明地洋哉
Twitter / 山本厚志(@4619_may)
HP / http://yamamotoatsushi.jimdo.com/